保険内容で期間工の仕事を選ぶデメリット

社会保険料が引かれるため手取り額が減る

期間工が加入できる保険としては、「労災保険」、「健康保険」、「厚生年金保険」、「介護保険」などがあります。期間工を受け入れた企業は、これらの社会保険へ加入させなければならないと、法律によって義務付けられているのです。社会保険は加入者にとってメリットが多いシステムではありますが、手取り額が減ってしまうというデメリットもあります。給料から、社会保険料が自動で天引きされてしまうのです。天引き額については、給料の額によって変動します。例えば、月収が20万円の場合ですと、3万円程度が天引きされます。つまり、実際に受け取れる給料は、17万円ほどになってしまうのです。月収が上がると、さらに天引き額が高くなります。

国民健康保険加入者は切り替えをしなくてはならない

国民健康保険へ加入していた方が企業の健康保険へ加入する場合は、国民健康保険の脱退手続きを行わなくてはなりません。お住いの地域の役所で手続きをしなければならないため、平日に休みをもらう必要があります。期間工としての契約期間が終わると、企業から支給された健康保険を返却して、再び国民健康保険へ加入しなくてはなりません。退職後から14日以内に、国民健康保険への加入手続きが必要です。このように、保険内容で期間工を選ぶ場合は、手間がかかってしまうのがデメリットです。国民健康保険は加入後すぐに即日交付されますが、企業の健康保険は受け取りまでに時間がかかる場合もあります。病院へかかる予定がある場合は注意が必要です。

転職を考えている人は期間工の募集を探してみましょう。寮付きで家賃が浮く場合が多く、基本給も高いので貯金ができます。