保険内容で期間工の仕事を選ぶポイント

期間工には雇用保険が備わる場合もある

期間工には、雇用保険が適用されているケースが少なくないものです。就業期間が終了しても、雇用保険があれば、一定期間に亘る失業給付を受けることは可能となります。工場での勤務の際には、体力的な負荷を伴うことも珍しくありません。過度の疲労を蓄積してしまい、就業現場を離れる事態に陥ったとしても、失業保険があれば、生活への不安が生じることはないのです。 失業保険を受ける際には、退職の仕方により、給付を受けられる開始日が変わっていきます。自己都合による退職の場合には、給付申請を行ってから三ヶ月後、契約期間を満了した際には、申請から一週間で失業給付を受けることが可能になります。不測の事態に見舞われ、思うように働けなくなったとしても、雇用保険が適用されていれば、収入が途絶えることはないのです。

保険以外にも多様な魅力が期間工にはある

期間工には、雇用保険や健康保険などの保険にまつわる制度以外に、様々な福利厚生が適用されています。大手メーカーの中には、工場に近接した地域に、従業員用の住居を構えるところも少なくありません。就業期間中は、住む場所に悩むことはないのです。寮や社宅を構えるところでは、食事を福利厚生として提供することも珍しくありません。社員食堂を備えていたり、従業員用に弁当を手配したりするなど、食事面のサポートを行うのです。 退職した際に受け取れる失業保険や、就業期間中に受けられる食住面のサポートなど、待遇面の充実さも期間工が持つ魅力なのです。期間工の場合には、未経験から就業を行えるところも少なくありません。工場で働くことを考える際には、期間工での就業を考えてみるのも良いでしょう。

期間工の求人には、意外に女性も多い職場があります。車の部品工場での組み立て作業や、電動工具でナットを締め付ける作業をしています。